コンストラクション・マネジメント・システム。プロジェクト・ドキュメンテーション

 

建設プロジェクトを成功させるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。異なる部門やチーム間の優れたコミュニケーション、効率の高い従業員、良好な作業環境やワークフローの他に、一つ一つのプロジェクトに信頼できるドキュメント管理システムが必要です。

言うまでもなく、建設プロジェクトの管理は冗談ではありません。建設プロジェクトマネージャーは、ワークフロー、タスク、材料、配送、予算、納期など、基本的にすべての責任を負うことになり、大きな責任を伴います。もし、あなたが特別に寛容で粘り強い人でなければ、時間が経つと間違いなく圧倒されてしまうでしょう。だからこそ、次のような機能を備えたコンストラクション・マネジメント・ソフトウェアに投資することが何よりも重要なのです。 プロジェクトドキュメントコントロール すべてを掌握できるようになります。


建設業における文書管理とは

ドキュメント管理 は、PDF、ワープロファイル、紙ベースのコンテンツのデジタル画像などの電子文書をキャプチャ、追跡、保管するために使用されるシステムです。

建築関係の仕事をしている人でも、そうでない人でも、書類の管理がいかに面倒で不愉快なものであるかは誰もが知っています。貴重な時間を費やすだけでなく、卓越した組織力も必要とされます。誰もが知っているように、生まれながらにしてマネージャーや優れたプランナーになれるわけではありませんし、正式なトレーニングや経験、実践から徐々に学んでいくものです。しかし、自動化された方が機能する分野もあり、ドキュメント管理はまさにその一つです。

正直に言うと、資格を持っている人以外は、書類の管理だけを目的に建設業界に入る人はいないでしょう。 コンストラクション・ドキュメント・コントロール・マネージャー.様々な契約書、許可書、下請け業者、顧客仕様書、サプライヤーの予算書、計画書、データなどの建設ドキュメントを管理することは、やりがいのある仕事であり、誰もが望むことではありません(仕事で常にチャレンジすることが好きな人は別ですが)。そうでなくても、心配ありません。ここでは以下のものが求められます。 プロジェクト文書管理ソフトウェア.


良い建設ドキュメント管理ソフトウェア。特徴

プロジェクト・ドキュメンテーションとは何かということはすでに確立されていますが、それがあるプロジェクトにとってどれほどの意義と影響を持つかということを強調する必要があります。

詳細を説明する前に、適切なコンストラクション・マネジメント・システムには、必ずと言っていいほど、以下のものが付いています。 プロジェクト・ドキュメンテーション・ソリューション.そして、建設プロジェクトに有益な影響を与えることに疑いの余地はありませんが、今、あなたが自分自身に問うべきことは 効果的なプロジェクト・ドキュメンテーション・システムとそうでないものを見分けるには?

夢のようなプロジェクト・ドキュメント管理システムを探すプロセスを容易にするために、良いプロジェクト・ドキュメント・オプションと悪いプロジェクト・ドキュメント・オプションを見分けるのに役立つ機能のリストを作成しました。ぜひご覧ください。

効率的なドキュメント管理システムの特徴

  • セントラル・リポジトリ - プロジェクトのライフサイクルに必要なすべてのドキュメントを提供します。

  • 各プロジェクトのリポジトリ - 新築プロジェクトごとに個別のフォルダを作成することで、プロジェクト固有のデータを一元的に保存することができます。

  • 柔軟性 - 複数のファイルを簡単に作成・追加したり、すでにアップロードされたデータをプロジェクトごとに管理することができます。

  • 入手方法 - のデータや導入された変更内容は、自動的に他のWeb対応デバイスに同期されるため、ネットワークに接続されたデバイスであれば、どこにいても簡単に閲覧・共有することができます。

  • アクセシビリティ - すべてのドキュメントは、プロジェクトごとのフォルダに割り当てられ、適切な部署の適切なスタッフが簡単にアクセスできるようになっています。

  • インテグレーション 重要な建設プロセスと


工事書類管理のメリット

プロジェクト・ドキュメンテーション・マネジメント・システムを建設会社に導入することの重要性は、すでにこの記事で何度も強調してきました。その理由は以下の通りです。


  • 01

    支出の削減に貢献
    コスト超過は、経験豊富なプロジェクト・コンストラクション・マネージャーでさえ、誰もが悩む問題です。驚くことではありませんが、以下のことが判明しました。 10点満点中9点 のプロジェクトは、当初の予算を超えてしまうことがあります。建設ドキュメント管理プロセスを導入することで、各プロジェクトに関連するすべてのドキュメントを1つのリポジトリで管理できるようになるため、予算超過の心配はなくなります。

  • 02

    時間の節約
    前述の点と同様に、プロジェクトの納期遅延は、すべての建設会社の糧となります。適切なプロジェクト・ドキュメンテーション・システムがあれば、特定のデータを手動で入力したり検索したりする必要はありません。あるリポジトリにアクセスできる人なら誰でも、文書管理システムに用意されている数多くの検索オプションのいずれかを利用することができます。

  • 03

    部署間のコミュニケーションを効率化
    プロジェクト・ドキュメンテーション・システムが、異なるチーム間のコミュニケーション・スキルに与える影響の大きさについて言及しないのは、罪である。との相関関係があったとしても コミュニケーション とドキュメントマネジメントは、一見するとわかりにくいですが、非常に密接に関係しています。例えば、プロジェクトに関わる問題や計画については見落とされがちな現場作業員に、安全に関わる重要なコミュニケーションの詳細を伝えることができます。

  • 04

    ドキュメントを効果的に取り扱うための標準的な手順を確立する
    文書管理システムがあれば、文書の整理と管理がシームレスで問題なく行えます。承認済みの請求書のコピーや受領した資料の日付スタンプを探すために紙を使っていたのが、数回のクリックで済むようになります。

  • 05

    プロジェクト固有の情報やデータの保護
    特定のプロジェクトに関連するすべての情報やデータは、1つの場所に安全に保管されます。つまり、権限を与えられた人だけが、プロジェクトの詳細を入力・確認することができるのです。ユーザーのアクセス権は、そのユーザーが所属する部署に応じて割り当てられ、特定のファイルに対してのみ設定することができます。

  • 06

    全体像を把握する
    社内での効率的なドキュメント管理により、プロジェクト全体を明確に把握することができます。すべてのファイルやドキュメントを一箇所で管理することで、組織的に管理することができます。

アーキデスクでは、適切なプロジェクトドキュメンテーションの必要性を実感しています。そのため、私たちのコンストラクションマネジメントソフトウェアには ドキュメントマネジメントソリューション あなたのプロジェクトを成功させるために

お問い合わせ 今日は、その詳細をご紹介します。


0 コメント
Inlineのフィードバック
全てのコメントを見る
 

こちらもご覧ください

サインアップ!

毎週の記事メールで、建設のヒントやトレンド、ベストプラクティスをご紹介します。安心してご利用いただけます。

あなたのビジネスに合ったソリューションを見つけてください。

 
 
デモを見る
2022-09-25 18:38:48