建設会社をデジタル化する方法

 

ビジネスをデジタル化することで得られるメリットを知り、スムーズな移行と企業の可能性を最大限に引き出すために、このプロセスをどのように開始すればよいかをご紹介します。

建設業界は、世界経済の中で最大かつ最も重要な部門の一つであり、約 $10兆円分 毎年、建設関連の商品やサービスに費やされています。その一方で、この業界は変化に弱く、適応が早いわけではありません。長い間、この業界では、最新技術がもたらす機会を「技術的な目新しさ」として、興味深く、役に立つかもしれないが、最重要ではないものとして扱ってきました。しかし、過去数年間に業界が経験したこと、そしてさらに重要なことに、今回のCoVid-19の危機において、業界は現代技術が提供するソリューションを評価し、利用し、活用することで、生き延びることができるようになったのです。ここでは、建設会社がデジタルトランスフォーメーションの旅に乗り出した後に経験したいくつかの利点をまとめています。

建設会社のデジタル化のメリット

データ保護
情報技術のセキュリティには、「機密性」「完全性」「可用性」という3つの基本的な柱があります。企業のデータを安全に保つためには、アクセス権をコントロールし、信頼できるストレージを持ち、いつでもどこからでもデータにアクセスできる必要があります。現在、最も一般的な(最も安全とも考えられる)ストレージは クラウド.ありがたいことに、クラウドベースのERPソフトウェアソリューションは、データセキュリティを考慮して作成されているため、常に保護されています。2020年に向けて、建設会社がデータセキュリティを考慮する必要がある理由については、こちらをご覧ください。 これ.

整理されたワークフロー
建設会社では、ビジネスのあらゆる側面がつながっています。予算内で納期通りにプロジェクトを進めて利益を上げるためには、完璧なワークフローが不可欠です。財務、従業員、プロジェクト管理など、すべてが絡み合っています。成功の鍵は、すべてのプロセスの明確な概要を一箇所で把握し、完全なマネジメントコントロールを可能にすることです。この「オペレーションの中心」では、最終的に以下のことが可能になります。 ワークフローの整理 と企業の効率性を高めることができます。 ワークフローマネジメントを会社に導入することで得られる5つのメリットをご紹介します。 これ.

プロジェクト・アンダー・コントロール
しっかりと計画された作業プログラムを持つことは、プロジェクトを遂行するための基盤となります。工事のタスク、リソース、責任、スケジュールのスケジューリングは不可欠です。それらをデジタル化するとともに プロジェクトマネジメントソリューション タスクを自動化し、各プロジェクトのプロセスを追跡することができるこのシステムは、企業にコントロールの力を与えます。すべてのデータがデジタル化されており、インターネットに接続されていればどこからでも安全にアクセスできるため、各プロジェクトの計画、追跡、管理、報告を行うことができます。

スムーズな連携
建設会社は独立した企業ではありません。プロジェクトを遂行するためには、建設会社同士が提携したり、下請け会社と協力したり、サプライヤーから設備やリソースを調達したりすることがよくあります。プロジェクト管理に最新のソリューションを活用 入札これにより、協力関係のすべての側面を一箇所で管理できるようになりました。情報の流れやプロジェクトの進捗状況を管理するには、マネージャーが必要ですが、デジタルツールで進捗状況を確認できるので、会社は常に一歩先を行くことができます。

企業をデジタル化する方法

一方で、デジタル化を導入することで企業が得られるすべてのメリットを考えれば、「完璧な」タイミングを待ち続けることで失うものは非常に明らかです。一方で、企業のデジタル化のプロセスは一夜にして終わるものではありません。ワークフロー、ドキュメント、そして会社のすべての業務を新しいソフトウェアに移行するには、時間とコミットメントが必要です。デジタルトランスフォーメーションに参加して、現代のテクノロジーの成果を利用することは有益ですが、それを実現するためのコミットメントに対して、組織が準備できているかどうかを確認することも重要なのです。

最近では特に近代化の必要性が高まり、建設会社における新技術の推進が顕著になっています。効果的なリモートワークやオンライン管理の必要性は、パンデミックとともに強くなりましたが、その影響は長く続くことになります。業界は、デジタルトランスフォーメーションを受け入れる必要性を感じ、新しいソリューションを迅速に適用し始めました。次に同じような危機に直面したときのために、企業は準備をしておきたいと考えているため、この傾向は時間とともに強まっていくと予測されます。 では、企業のデジタル化はどのように進めればよいのでしょうか。ここでは、4つの重要なステップをご紹介します。

課題の洗い出し

質問がなければ答えは見つかりません。最初のステップとして、自分が直面している最重要課題は何かを認識し、それらを評価することが挙げられます。完璧なソリューションは存在しないため、最も差し迫った課題を解決するために必要な最も重要な側面に焦点を当てておく必要があるからです。それは、データセキュリティでしょうか?リモートアクセスなのか? ドキュメンテーション?それは社員なのか、プロジェクト管理なのか?現在のボトルネックを見つけて、答えを探し始めましょう。

目標の見直し

では、課題が解決されたかどうかをどうやって確認するのでしょうか?新たなソリューションに向けた企業の準備は、理解と計画から始まります。基本的な目標を明確にします。変化を促す理由や解決しようとしている課題はわかっていても、それが成功したかどうかはどうやって確認するのでしょうか?目標と測定可能なものを記述することで、選択肢を評価し、後にその成功を測定するのに役立ちます。

ソリューションの導入

自社の課題をカバーし、目標を達成するための方法を提供するソリューションを決定することは、企業のデジタル化のプロセスの終わりではありません。次の段階がさらに重要なのです。新しいものを導入することは、他の変化と同じで、管理が必要です。現実的な価値をもたらし、建設会社経営の最も緊急性の高い側面をカバーするソフトウェアの場合、導入には時間と関与が必要です。専用のソリューションは、導入チームが自社のニーズを理解するために時間と労力を費やして初めて機能します。時間がかかるように見えるかもしれませんが、すべての時間を費やす価値があります。お客様のニーズに合わせたソリューションは、お客様のビジネスにとってより価値のあるものとなるでしょう。

自動化と成長

建設会社のデジタル化のポイントは、ビジネスの新たな成長の可能性を提供することにあります。様々なモジュールを適用し、プロセスに自動化を適用することで、チーム全体の生産性が向上し、時間とお金を節約して、ビジネスをさらに発展させることができます。

それは、ワークフローをデジタル化し、より構造的でアクセスしやすい管理を可能にするソフトウェアであったり、以前は考えられなかったタスクを可能にするハードウェアであったりします。外骨格, ロボティクス または ドローン)、デジタルトランスフォーメーションは、建設業界に日常的に変化をもたらすツールです。

危険な作業をサポートしたり、建設現場の安全を管理したり、新しい効率的な管理方法を提供するなど、デジタルソリューションは建設業に大きな価値をもたらし、進化させます。その 建設の未来 しかし、少なくとも今は、革新的なソリューションと最新のテクノロジーのおかげで、問題が発生したときに対処するチャンスが増えています。

0 コメント
Inlineのフィードバック
全てのコメントを見る
 

こちらもご覧ください

サインアップ!

毎週の記事メールで、建設のヒントやトレンド、ベストプラクティスをご紹介します。安心してご利用いただけます。

あなたのビジネスに合ったソリューションを見つけてください。

 
 
デモを見る
2021-07-28 13:41:15