2020年9月03日 3分で読める

建設会社におけるソフトウェア インテグレーションの重要性

 

統合という言葉はよく使われますが、実際には何を意味するのでしょうか?なぜビジネスに重要なのか?ここでは、見逃せない3つのメリットをご紹介します。

システムインテグレーションはなぜ必要なのか?

私たちの職業生活では、自分の行動をサポートするためにますます多くのツールを使用します。テクノロジーとデジタル・トランスフォーメーションの急速な発展に伴い、私たちは以下のようなダイナミックな成長を目の当たりにしています。 ITソリューション.建設会社のデジタル化は年々進んでいますが、最近ではコロナウイルスの発生による課題もあり、最新のソリューションの利用に前向きになっています。クラウドベースのシステムは、遠隔地で働く人々にとって救世主となりました。インターネットが利用できるあらゆるデバイスから、いつでもどこでも、多くの従業員が完全にオンラインで業務を継続できるようになったからです。さらに、今日の市場で必要とされている柔軟性にも対応しています。

しかし、どの建設会社にも管理すべき様々なプロセスがあり、各部門を適切に管理するために多くのツールを使用しています。これは当然のことで、会計ソフトがプロジェクト管理ソリューションとしてうまく機能することはありませんし、その逆もまた然りです。ニーズに合わせて専用のツールを求められることも少なくありません。さらに、それらのツールをすべて接続しておくことも同様に重要です。ここで、統合が必要になります。

システムインテグレーション とは、様々なシステムを相互に接続して、より早く、より簡単に、より効率的にデータを交換したり、レポートを作成したりする方法です。あなたの会社で使用されている様々なソフトウェアは、自動化によって時間を節約し、二重作業から解放されるために、接続され、相互に作用することができなければなりません。ソフトウェア間のデータの流れをコントロールし、チームの生産性や日々の業務を向上させることができる統合機能は、非常に重要です。例えば シームレスな統合 ERPソフトと会計ソフトの間には、会社全体を管理するために必要なものがあります。

これらの接続は、API(アプリケーションがOSのデータにアクセスするための一連の手続き)のようなメカニズムを使用して可能です。また API は、基本的にシステム間のプログラム可能な接続であり、システム間でどのようなデータを転送できるかを定義します。ツール間の統合が多ければ多いほど、ツール間の連携が強化され、お客様の利益につながります。

3 統合システムのメリット

システム間のデータ統合を適切に設計・実施することで、企業内のプロセスを自動化することができます。これにより、チームはより速く、より良く、より効率的に仕事をすることができます。ここでは、建設会社におけるソフトウェア統合が非常に重要である理由をいくつかご紹介します。

コスト削減
直接的にも間接的にも、統合は無駄なコストを削減する最も効率的な方法の一つです。例えば、システム間のデータの照合、情報の抽出、レポートの作成などの手作業に、従業員がどれだけの労働時間を費やしているかを考えてみると、きっと驚かれることでしょう。これらの作業はすべて、適切な設定をすることで回避できる無駄なコストです。最近のソフトウェアプロバイダーはそのことを理解しており、多くのソフトウェアプロバイダーがサービスの一環として統合機能を提供しています。各部門が使用しているツールを連携させることで、企業にとってはコスト削減につながり、従業員にとってはデータへのアクセス性が向上します。

セキュリティの向上
データ・セキュリティは、企業にとって最も重要な課題の一つです。万が一、データが漏洩した場合、その影響は甚大なものとなるため、建設会社は常に データセキュリティ を考慮する必要があります。新しいソフトウェアを導入する際には、他のツールとの接続が可能かどうかを確認することが重要です。また、複数のシステムがある場合(それぞれのシステムがセキュリティ基準に準拠している場合)、それらを接続することは最善の方法です。 統合はバリアとしての役割を果たします。従業員にアクセス権を割り当て、他のソフトウェアと統合されたシステムの特定の部分のみを使用できるようにすることができます。データの流れが改善されることで、コントロールが可能になり、データ漏洩の可能性を減らすことができます。

生産性とパフォーマンスの向上
チームのパフォーマンスには様々な要因が絡んでいます。煩雑な手作業は時間の浪費を招き、混沌とした文書管理はフラストレーションの原因となり、タスク完了までの時間が2倍になるだけでなく、人為的なミスの余地も大きくなります。次世代のERPシステムのような最新のツールを使用し、システム間の適切な統合を行うことで、データの流れ、部門間の協力、個人のパフォーマンスを向上させることができます。複数のシステムを扱うことは、混乱を招き、異なるフォーマットのデータが散乱することで、貴重な情報を引き出すことができず、レポートを作成することもできません。1つの中央操作システムを持つか、少なくとも、適切な統合でシステムを接続できるようにすることが、効率的なオペレーションの鍵となります。

建設会社における統合は、ビジネスの全体的なパフォーマンスとその成長のために不可欠です。そのメリットは大きく、適切な内部接続に注意を払わないことで生じるリスクは、どの業界にとっても危険です。建設会社は、以下のような多くの規制に従わなければなりません。 GDPR対応 そして安全対策。最新のシステムは、これらのアクションをすべてサポートしますが、統合機能にも注目する必要があります。

0 コメント
Inlineのフィードバック
全てのコメントを見る
 

こちらもご覧ください

サインアップ!

毎週の記事メールで、建設のヒントやトレンド、ベストプラクティスをご紹介します。安心してご利用いただけます。

あなたのビジネスに合ったソリューションを見つけてください。

 
 
デモを見る
2021-07-28 15:00:13