建築用BIM

どのように機能し、どのような効果があるのでしょうか?

 

ビルディング・インフォメーション・モデリングは、建設業界に変革をもたらし、プロジェクトの設計、建設、管理の方法を変えました。BIMは企業にどのような影響を与えるのでしょうか?また、BIMはどのように使用され、建築におけるBIMの利点は何でしょうか?

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)は、建設プロジェクトのデジタル化されたバージョンを徹底的に準備するために使用される強力なツールです。よくある誤解は、BIMが単なる1つのソフトウェアであり、単なる技術の一種であるというものです。実際には、BIMは様々な技術に支えられたプロセスなのです。 ソリューション.これにより、請負業者、建築家、エンジニアは、構造物のデジタル表現を開発し、建物のすべての側面を考慮し、すべての規範と要件を満たすことができます。

BIMの概念や、建設プロジェクトの設計・開発・管理に使用される3D技術は、70年代から存在していましたが、この10年間で技術が大きく進歩しました。この発展には、英国が建物情報モデリングのフレームワークを提供して大きな影響を与えました。そのおかげで、2019年1月には、ISOが国際規格を発行した ISO 19650イギリスで開発された手順に基づいています。

コミュニケーションを改善するには?

しかし、BIMは主に建設前や設計段階に関連していますが、自動化と視覚化により、以下のことが可能になります。 開発の全過程で価値をもたらす。 建設後もビルディング インフォメーション モデリングでは、以下のことが可能です。 相性の悪さや問題点を事前に把握することができます。 建設アセンブリーの識別やリスクの因数分解などここでは、BIMソフトウェアがもたらす代表的なメリットをご紹介します。

時間とお金を最大限に使う
プロジェクトを開発する際、最も時間のかかる問題の一つがコストの評価と査定です。計画の初期段階で見積もり担当者を入れることで、全体的な建設コストの見積もりに役立ちます。そこで登場するのが、5D BIMです。これは、設計、予算、スケジュールを結びつけ、建設プロジェクトをより完全に把握できるようにする機能です。設計から寸法や数量を外す作業は時間がかかり、ミスも起こりがちです。BIMソフトウェアを使用してこれらの情報にアクセスし、それに基づいて行動することで、時間を節約し、生産性を大幅に向上させることができます

コミュニケーションの向上
良好なコミュニケーションは、すべての企業にとって基本的なことですが、それでもほとんどの企業では苦労しています。適切な 建設会社でのコミュニケーション は、誤解があればお金や命を失う可能性があるため、さらに重要です。BIMソフトウェアで作成されたデジタルモデルは、以前は不可能だったチームメンバー間のオンラインコラボレーションを、多くの場合(クラウドにより)リアルタイムで行うことができます。自動化により、ワークフローを最新かつ正確に保つことができます。計画を調整し、すべての関係者がプロジェクトの最新情報を簡単に入手できるようにすることは、大きなメリットです。

プロジェクトの可視化
これは、BIMソリューションが持つ最大のメリットです。施工前の段階で、必要な仕様のプロジェクトを確認することができます。あなたやあなたのクライアントは、実行する前に完成した効果を見ることができます。これにより、必要な変更についてチームとコミュニケーションを取る時間が得られ、さらに開発中のプロジェクトをコントロールするためのツールも提供されます。これにより、時間と費用のかかる修正のリスクを軽減することができます。

コスト削減とリスクの軽減
BIMソフトウェアが提供するプレコンストラクション段階でのプロジェクトの修正/変更の効果的な方法は、企業にとってリスクの低減につながります。コントラクターやパートナーとの密接なコラボレーションを確保することで、よりコントロールしやすくなり、保険料やクレームの可能性も低くなります。プロジェクト管理の改善と良好なコミュニケーションは、チームの時間を節約し、会社の資金を節約します。このモデルを使用する企業は、コストを削減し、リスクを軽減しながら、高い投資収益率を実現しています。

安全を第一に考える
ビジュアライゼーションは強力なツールです。建設現場での作業を開始する前に、プロジェクトのデジタル図面があれば、事前に徹底的に分析して危険を発見することができます。BIMソフトウェアは、"リスクのある "ゾーンを特定するのに役立ち、より迅速に対応することができます。安全性の評価とリスクの評価は、すべての建設会社にとって非常に重要です。建設作業員にとって安全な環境を確保することは、怪我のリスクを低下させるだけでなく、プロジェクトを予定通りに納品することにもつながります。

現代のテクノロジーは、建設プロジェクトをより良く計画、実行、管理するための多くの先進的なソリューションを提供しています。その中には、金額的にも時間的にも多くの投資を必要とするものもありますが、正しく導入すれば期待以上のリターンが得られます。建設業の未来は、デジタルトランスフォーメーションと密接に関係しています。ドローン、ロボティクス、スウォームの利用であれ、強力なクラウドベースの プロジェクトマネジメントソリューションのためには、今日のITを活用する必要があります。革新は発展の鍵であり、建設業は現在の需要を満たし、安定した成長を確保するために、常に開発が必要です。

0 コメント
Inlineのフィードバック
全てのコメントを見る
 

こちらもご覧ください

サインアップ!

毎週の記事メールで、建設のヒントやトレンド、ベストプラクティスをご紹介します。安心してご利用いただけます。

あなたのビジネスに合ったソリューションを見つけてください。

 
 
デモを見る
2021-07-28 13:49:25